FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

人気ものは入れ替え制で

今年の感謝祭はいつもより長い期間にして、
途中でこまめに内容を変えて行く予定です。
その一つに、人気の作り手の作品を、
入れ替えてお見せするコーナーを設けました。
限られて常設のコーナーではとうてい出し切れないので、
作り手ごとに数日ずつ交代にお見せ致します。

一番バッターは、
「使ってなんぼ」の京都の藤田さんの器を、
赤絵、安南絞り手を中心に、
ざざっと並べてみました。
定価のなんと20%引きで、
手に入れられちゃうんですよ。
うーん、ほんと自分で欲しいって思います。

そんな一部をご紹介します。

fjt211.jpg


安南5.5寸輪花皿 径16.5cm 高さ4.5cm
定価が4000円ですから・・・、
な、なんと一枚3200円ですね~。
ああーただ、あと2枚ですね。(8/22(土)10:00AM現在)
これは皿といっても、輪花の縁が立ち上がっていて、
少し深めですので、
煮浸しみたいな汁やソースがある料理でもばっちり。
輪花といわれる縁の装飾が、
よそ行きに盛りつければ凛として、
品格のある器です。

fjt212.jpg


赤絵4寸小鉢 径13.2cm 高さ6.3cm
定価3200円が、一客2560円ですよ~。
赤絵の可愛い小柄文様が、盛りつけの邪魔にならず、
料理を引き立てるのは間違いありません。
プリントで付けた絵柄と違い、
取って付けたような感じや浮いた感じがせず、
描かれた絵というより、肌になっているんです。
器の絵は、うっかりすると成金ぽくなりがちですが、
そこは藤田さん「使ってなんぼ」と言い切るだけありますね。
品と格を忘れていません。

どちらも、陶器で、下地が粉引なので、
使う前には水が湯に浸してから、
使うことで、少しずつ、
使い手の色に染まったいく、
使うのが楽しい"うつわ"です。

               甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/470-89778a2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)