FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

力強い彫の急須

今日ご紹介するのは加藤財さんの急須彫です。
急須の胴部分の全体の1/3に幅で、
均等に弧の溝彫が施されています。

2012_kato_0177.jpg
急須 彫 後手 黒丸 14,300円
容積240cc


「しのぎ」や「面取り」と同じような、
やきものの立体的な装飾なのですが、
どこか緊張感や鋭さを感じられる方も多いと思います。

2012_kato_0178.jpg

それには作り方の違いがあるからです。
しのぎや面取りは素地が柔らかい時に、
金属などのヘラや、金物などで、
彫ったり切り取るようにして作り出します。

2012_kato_0179.jpg

加藤さんの彫文は、
素地が乾いた状態の時に、
カリカリという感じで削り出しています。
粘土を削るというよりも、
石彫に似た方法です。

2012_kato_0180.jpg

彫られた表情に柔らかな素地を削り出した、
スピード感はないのですが、
硬いものを削り出した、
力強い表情が満ちています。

また、力こ込めすぎると、
割れたり欠けてしまうために、
常に緊張感を持って彫刻して作り出した、
精神を集中した記憶が彫り込まれています。

                 甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4711-39ef56c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)