FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

モダンなフォルムと民芸的な釉薬のマグ

日毎に陽射しが春めいてきて、
換気で窓を開けるのが苦にならず、
外気を楽しみながらコーヒーが味わえる季節になってきました。
ただ、その後少々花粉の影響が出てしまう季節でもあります。

20_sato_0317.jpg
佐藤大寿 灰釉ロングカップ 2,750円
径10cmH9.5cm 程よく入れて230cc


今日ご紹介するのはそんな春光に似合う、
佐藤大寿さんの日常使いにオススメのマグです。

20_sato_0318.jpg

佐藤さんが生まれ育った福島会津本郷伝統の、
会津の土と灰釉の素朴感のある釉調ですが、
佐藤さんのモダンな造形と相まって、
オシャレはマグに仕上がっています。

20_sato_0316.jpg

素地の中の鉄分が釉の中に溶け出しているのが見えます。
しっかりと焼き込んんでいるのがしっかり伺えます。
結果丈夫で使いやすい日常で使う器です。
オススメできるマグです。

20_sato_0321.jpg

口縁のところで大きく開いているのと、
ゆったり作られたハンドルが、
このマグの印象的な姿にしていますが、
この二つのディテールが、
飲みやすい口と持ちやすいハンドルの、
使い勝手の良いデザインに仕上がっています。

                  甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4718-ab437060
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)