FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

春の花はまだまだ繚乱

荻窪近辺ではソメイヨシノはすっかり散って、
葉桜の新緑が綺麗になっています。
でも八重桜が豊かな表情を見せています。
桃たちも濃い色合いで満開です。
花蘇芳も独特に色彩でびっちり咲いています。
花壇にもチューリップをはじめとした、
春の花が競っています。

21_kubota_0468.jpg
久保田信一 栗虎釉猪口(カップ)  2,200円
径8cmH6cm
加藤財 急須 後手 黒丸 11,000円
容積290cc


運動不足になりがちなので、
少し時間が取れると近くの公園を一回り、
春の花が次々と咲いて楽しませ得てくれます。

21_kubota_0469.jpg

春の花見から戻って一息つきながらの、
お茶とお茶菓子はひとしおです。

21_kubota_0470.jpg

ご紹介しているのは、
久保田信一さんの栗虎釉カップと、
加藤財さんの急須後手です。

21_kubota_0471.jpg

甘庵のお茶風景ではないのですが、
陶器と加藤さんの急須という、
こっくりとお茶を味わう組み合わせは共通で、
甘いお菓子と緑茶の渋みのベストコンビに、
まったりしてしまいます。

                甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4761-ef76ae63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)