FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

濃いめのコーヒーはほどほどのカップが美味い

カフェイン中毒なのかもと思うことがあるほど、
甘庵は日に何倍もコーヒーを飲みます。
比較的煎りの深い豆が好みです。

基本はペーパーフィルターを廉価版のドリッパーで、
コーヒー用にしている銅打ち出しの鍋に2〜3杯分とおとしています。
加熱したい時にも火にかけすぐに温まるのでそうしています。

20_onodera_0650.jpg
小野寺友子 白磁カップ 3,300円
左:径9.2cmH6.5cm
右:径8cmH7cm


濃いめのコーヒーも好きなので、
最近は少し時間のある時や気分転換の場面では、
昔ながらの直火にかけるタイプの、
エスプレッソマシンでも楽しんでいます。

20_onodera_0649.jpg

普段のドリップコーヒーは、
ワンカップほどの容量のマグカップで、
砂糖もミルクもなして飲んでいるますが、
エスプレッソマシンの時には、
ミルクをいれて楽しむことも多くなります。

20_onodera_0651.jpg

面倒な時にはカフェオレ式にそのままですが、
ミルクをかき回して気分だけは、
ラテとかカプチーノ風で味わうこともあります。

20_onodera_0653.jpg

でそんな時には、
いわゆるコーヒーカップサイズの方が、
容量的には程よい感じに収まります。
エスプレッソのままの時には、
さらに小ぶりはデミタスカップにした方が、
コーヒーは嗜好品なので、
器もとても大切になります。
カップの口当たりの違いなどでも、
味わいが変わるのでそのチョイスも、
楽しみになります。

                 甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4781-d092b60a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)