FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

土物の皿を普段に使う楽しさ

普段使いで頻繁に使われる7寸皿や6寸皿は、
磁器や炻器の・・・無難だけど、
個性の少ない皿を使うことが多いかと思います。
器好きとしては寂しく感じるところです。

17_mitufuji_0190.jpg
光藤佐 粉青掻落皿7寸 7,150円
径20.5cmH4cm


毎日の食卓で使う器だからこそ、
お気に入りの作り手の顔が見える、
陶器の皿を使って欲しいと願います。
圧倒的に食卓が豊かに潤いのあるものになると思います。

17_mitufuji_0191.jpg

ご紹介しているのは甘庵好みなので、
少々癖があると感じれる方も多いかと思いますが、
この皿は料理を盛り付けた時に、
構図として完成するように作られています。
平たく言ってしまうと、
美味しそうに盛り映えします。

17_mitufuji_0192.jpg

皿の縁部分が気持ち多めに見えるように、
できるだけ料理をなか高に盛り付けていただくと、
日常のお惣菜が心を込めた一品料理になります。

17_mitufuji_0193.jpg

毎日使う普段の器に、
お気に入りの土物の皿を使って見てください。
朝のトーストでも、ハムエッグでも、
塩ジャケでも、卵焼きでも、
美味しくいただける楽しさが違います。


                 甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4808-0760f6e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)