fc2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

注いで盛って活けて良し

不透明なのに軽やかで明るく、
柔らかな彩りで優しい印象の、
巳亦敬一さんの吹きガラスの片口です。

21_mimata_0089.jpg
巳亦敬一 片口 浅 メッシュ G 6,050円
W14.6cmD12.6cmH7cm 程よく入れて200cc


よく見れば複雑な文様で、
あえて言うならベネチュアンガラスが近い、
制作に手間のかかっていますが、
巳亦さんの吹きガラスなので普段使うためで、
またそのための使い勝手を考えたディテールとデザインです。

21_mimata_0091.jpg

結果として、
まずは片口として注ぎやすくキレもなかなか。
程よく入れて200ccは日本酒などの酒類や、
麺つゆやドレッシングまで幅広く使いたくなります。

21_mimata_0090.jpg

アンシンメトリーが盛り付けのポイントになる片口鉢をして、
美味しそうで華のあるしつらえができます。
ガラスなので常識的な範囲で、
冷たいものを中心にしての盛り付けになります。

21_mimata_0092.jpg

料理映えと共通で、
花を引き立てる要素を持っていて、
一輪を添えて涼しげな水を楽しむ活けかたから、
低く凝縮したブーケの様な活けかたなど、
気軽に日常で花を楽しみたくなります。

その上、美しいフォルムと優美な彩りから、
そのままを身近に置いて愛でる楽しみもあります。

                  甘庵
        

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4811-d418ed71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)