FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

肴とつまみとアテ

ブログを読んでくださる皆さんに教えて欲しいと思ったことを、
今日に記事にしますので、
ぜひふるって、コメントで答えてください。
よろしくね。

さて、教えて欲しいことは、
お酒を呑むときに、そえる料理や珍味を何ていいますか?

東京で生まれ育ったぼくは、
つまみ=おつまみ  とか、
肴 と言います。

表題にもしましたが、
関西では、アテ と言うそうです。
この言葉をはじめて知ったのは、
大阪のガールフレンドからです。
というと、青春的な感じがしますが、
すっかり大人になってから、器をご縁に知り合って、
すっかり仲良くさせていただいている、
東おじちゃんと浪速おばちゃんという見かけの友だちです。
(せっちゃん読んだら、ゴメン)

その彼女が先日、
限定の大吟醸+赤ワインと多量にアテをもって、
友だち連れてやってきて、
たまたまのお客さまも巻き込んで、
宴会に突入。

それで急に、この「アテ」という、つまみや肴を意味する言葉を、
どのあたりの地域にの方が使うのか、
本来の意味は・・・何かを「あてがう」あたりから来ているのか?
とか、ちょっと知りたいかなって。

関西の作り手、京都出身の藤田さんも、
兵庫宝塚出身の光藤さんも、酒の肴をアテをいいました。

WEBで探ったら、YOMEさんのブログに当たったりして、
やはり関西の友人が使っていたようです。

辞書で引いても、「近畿地方での酒のつまみ」とあります。
たしかに、大阪府、京都府、兵庫県南部で使っているのは、
確かめられました。

たまたまそう思っている時に、
富山の友人とその話なったので、聞いてみたのですが、
知りませんでした。
北陸は使わないみたい・・・。

で、お願いにもどります。
酒の肴やつまみを、「アテ」と言う方がいたら、
是非、どこの市域でそういうかを教えてください。
あるいは、ご両親の出身とか・・・。
また、酒の肴やつまみを、違う表現があったら、
それも教えてください。
よろしくお願いいたします。

ちょっと珍味を入れる"うつわ"を、
小付(こづけ)というため、
飲み屋さんなんかでも、
最初に出すつまみを、付きだしなどと言いますね。

あて塩っていう言葉もあるな~。
そんなのもつまみを連想させるけど・・・。

             甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/491-97c48344
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)