fc2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

土味を生かした鉢

多彩な草花や木々は芽吹き萌え出す前の今の季節は、
むき出しの土がよく見えます。
タタキのように踏み固められた土肌も、
花壇や畑で耕した柔らかそうな土肌も、
大地のエネルギーが蓄えれていそうで魅力的です。
陶器や炻器の土味を楽しむもの、
同じような魅力を感じるからだと思います。

21_kubota_0290.jpg
久保田信一 刷毛目大鉢 12,100円
径25.5cmH8cm


今日ご紹介する久保田信一さんの刷毛目大鉢も、
ゆったりとした土味を楽しめる器です。
化粧の刷毛目も土なので色は白くても、
素地の土との相性が良く、
自然界の景色のような風情を引き出しています。

21_kubota_0293.jpg

薄い施釉で石を噛んだ土味や、
高台削りでおこされた土味や、
焼きしまった素地には溶けている長石の粒がきらめいて、
様々な土の表情を見せてくれています。

21_kubota_0291.jpg

土味をそのまま活かした器の色合いは、
決して華やかな彩りではないのですが、
不思議なほど盛り付けが映えて、
料理を美味しそうに華やかせます。

21_kubota_0294.jpg

この鉢は径が25.5cm、たっぷり目の八寸鉢です。
この広がりを活かして隙間なく盛り付けず、
土味を見せたゆったりした盛り付けが似合います。

                 甘庵
  


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4938-768e75b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)