fc2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

見過ごしがちな何気ない鉢

今日ご紹介するのは野波実さんの白磁中鉢です。
六寸強の丸くて白っぽい鉢です。

21_nonami_0419.jpg
野波実 青白磁中鉢 5,000円
径19cmH7.3cm


あまりに普通なので見過ごされがちですが、
日常の中で使いやすい良器は、
往々にして普通な感じだったりします。

野波さんのこの鉢も気を衒うことのないフォルムで、
サラリと見た感じでは特徴を掴みにくいかもしれませんね。
ましてや画像では質感や轆轤目や釉調を、
汲み取るのも難しくてお伝えできないもどかしさがあります。

21_nonami_0421.jpg

よくお話ししているように、
野波さんは足で蹴ることで回転力と、
スピードと回転方向を自在にコントロールできる、
蹴轆轤を使って引き出しています。

21_nonami_0420.jpg


そしてもう一点の特徴として、
一つずつ挽いて作る一個挽きで作っています。
そのため器の顔つきに一つずつの個性があります。

蹴轆轤で引き出された、
ゆったりした伸びやかな膨らみと、
回転が見えるような轆轤目が、
手にとって見ていると伝わってきます。
21_nonami_0422.jpg

磁器で硬質感があるのを感じながらも、
陶器の抹茶椀の掌に通じる、
温かみのある存在感や感触を得られます。

何より使っていただくと納得いただけるのが、
洗いやすく丈夫で使い勝手の良さと、
様々な日常の食材が美味しそうに盛り映えすることです。

                  甘庵
  

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4959-13d680f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)