fc2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

花曇り花冷え

三寒四温の言葉のようなローテーションで、
今日は寒い1日になっています。

17_mitufuji_0288.jpg
光藤佐 白磁酒注片口 14,300円
W17.5cmD12.5cmH8cm
程よく入れて270cc


昨日は飲み友M氏が山形から戻ってきて、
お土産と白椿の大枝を持って立ち寄ってくれました。
となればお茶ではなくビールが注がれ。。。

17_mitufuji_0289.jpg

それはもう止まるはずもなく、
営業時間が終わればさらに拍車がかかり、
都合8時間もチビチビと盃を重ねてしまいました。
*昨日は四温の日だったので窓全開換気フル回転、
別のテーブルでというスタンスで。

17_mitufuji_0290.jpg

一升瓶から片口に注ぎ、
いくつか並べたぐい呑みから好きなのを選んでもらい、
スルスルと注ぐ。
飲み干したところとまらスルスルと注ぐ。
器好きにはお気に入りの器を使ったこの一連の動きが、
酒を楽しむ時には必須の肴になります。

17_mitufuji_0291.jpg

友との硬軟多岐に亘るネタと片口と選んだぐい呑みを肴にして、
それぞれマイペースで呑んでいました。
それでもほろ酔い気分にはなっても、
酩酊することもなく、
今朝もスッキリと目覚める、
楽しい宴となりました。

              甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4970-3bd3e74a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)