fc2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

外れない蕎麦猪口

数日前は寒いなと思っていたのに、
寒暖差が激しくて昨日の荻窪は夏のようでした。
急に冷たい麺がおいしい季節になってきました。
となれば今日は外れない使い勝手の、
久保田信一さんの長石釉縞柄蕎麦猪口をご紹介します。

21_kubota_0340.jpg
久保田信一 長石釉縞柄蕎麦猪口 2,200円
平均のサイズ径8.5cmH6cm
程よく入れて150cc


鉄絵に縦の線文は伝統的な文様です。
細線と太線を交互に描く麦わら手や、
均一の太さの木賊文や、
細線を隈なく描く千筋文などがあります。

21_kubota_0342.jpg

久保田さんの器は伝統をリスペクトしながらも、
久保田さんらしさにして表現しています。
この蕎麦猪口の縞柄もどこかモダンな香りがします。

21_kubota_0341.jpg

それもあってカップとして、
お茶からお酒までを、
多様に飲み物を楽しめます。

21_kubota_0343.jpg

少し軽めになる陶器の素材感を活かして、
特に口を肉厚にして、
長石釉をしっかり施して高温で焼いているため、
丈夫で汚れにくい使い勝手の良い、
扱いの楽な日常の器に仕上がっています。

               甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4987-c46940b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)