FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

作ることを楽しんでいる仕事

スタッキングのお話しの時に、
自由な形おもしろさを妨げずに、
食器として使いやすさから、
きちんと重なる“うつわ”を作り、
注ぐ器のお話しでも、
醤油差しや、片口や、急須などは、
それらの使用目的からの注ぐという制約に、
気持ちの良いくらいの切れ味で回答を見せてくれたと、
角掛さんの“うつわ”について評しました。
そして、角掛さんの
“うつわ”に共通して感じる魅力に、
形の楽しさやおもしろさがあります。

花器などは、花を入れるという目的があっても、
食器に比べると、より形を作る楽しみにあふれています。
長閑だったり、シャープだったり、斬新だったり、微笑ましかったり、
関心したりと、それらを見て感じ方はそれぞれでしょうが、
何より、作った角掛さんが、
楽しみながら、作りたいものを、自由に作った、伸びやかさを感じます。
シャープな小振りは花器からでも、
なんでこんなに長い物をと思う花器からでも、
不思議な造形の花器からでも、
なぜか、ゆったりした感触を受けるのは、
作ることを楽しんだ仕事だからと、
ぼくは思っています。
             閑庵

tnkkkaki.jpg


tnkk02.jpga>


tnkk.ms.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/50-19a8372e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)