FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

地球に優しくと・・・

店はエアコンかけても、
白熱電球からの発熱が多くて、
なかなか能率良く涼しいという環境を整えることは出来にくいです。

かといって、ガンガンエアコンをかけるのも、
省エネを目指そうという世の中の流れからはずれますし、
第一不経済。

それで、少しでも目に涼しい、カラダに涼しいようにと、
ゆったりして風を起こせるうちわを用意してあり、
暑い日中など歩いて来られて、
急に止まって、とても暑そうになさっているお客さまがいると、
「よかったらお使いください」って、
うちわを差し出すようにしていました。

それもそうだけど・・・。
「そうだ、あの扇風機を置こう」
普通の今の扇風機は、実に良くできていて、
デザインも近代的ではありますが、
目の届く範囲に、またまた煩雑に物が増えてしまいます。
そこで、思いついたのが、この扇風機。
現役ですよ。
何度も、自分でオーバーホールしました。
こまめに、油も差さないといけないタイプです。

fan389.jpg

風が特別工夫されていたら、マイコンが入っていたり、
マイナスイオンが出たりはしません。
ですが、ぼくにとっては、思い入れがあり、
姿もなかなか可愛いげのあると思っています。
荻窪銀花においでになるお客さまなら、
こんな姿を由としてくださることでしょう。

ぼくが物心付いたときにはありました。
その後何度かの引っ越しがあっても、
いつのまにか、ぼくの手元に残っています。
つまり殆どぼくと同い年の扇風機です。

羽は真鍮の4枚羽根で、飛行機にプロペラみたいに、細身です。
ちょっと不調の時には、振動が出てうなり出す様は、
プロペラ飛行機みたい飛んでいきそうです。

台が鋳物で殆ど金属の塊なので、
めちゃくちゃ重くいです。
色は・・・・気づいた時にはこの色でした。
黒いんだかホコリだか分からない。

この扇風機を一昨日から、稼働させて、
企画展の部屋の隅に置き、
風を回すようにして、省エネ化をはかっていますが・・・。
この扇風機自体が、あまり省エネとは思いませんが、
一生懸命に風を送ろうと働いている姿は、
こころ和む物があります。
と、自分一人で思っていました。

昨日、YOMEさんが来てくれて、
「わぁー素敵な扇風機~」って、
はじめて、気づいたお客さんでした。
ちょっと嬉しい。
だけと、まだよちよち歩かれるお嬢さんも一緒だったので、
あわてて、スイッチをきりました。
殆どグリルがなく、回転する真鍮のファンが露出しているので、
小さなお子さんには不向き。
それが、欠点かな。
でも、たぶん、ぼくとどっちが壊れるのが先かなって、
そんな感じで、つきあうことになりそうです。

             甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/500-7ffce628
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)