FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

よだれの出る器

デパートなどはお盆前から既に、
ウインドウのなかに秋の気配がいっぱいですが、
このところの日本は秋の訪れがずーっと遅いですよね。

商戦はなんでも先取り感が由とされる傾向ですが、
野菜や果物もそうなっていて、
どうも、夏らしい食も暑い夏に、
体験しにくくなっているような・・・。

まして、夏日と言われる気温の高い日が、
長い期間にわたるのですから、
暮らしの中では涼感を呼ぶ器で、
目から暑さをしのぎ、楽しめる器が、
もうしばらくは必要な季節かと思っています。

そこで、残暑を少しでも前向きに過ごせる器を、
紹介させていただきます。


とはいえ、立秋も過ぎた空の色は、
微妙に色合いが違います。
そんな微妙な秋の気配を感じながらも、
涼感を意識してのしつらえです。

natu398.jpg


巳亦敬一 台付楕円ボール 
村木律夫 灰釉6寸皿
伊藤玲  匙

冷えた葛きり
練乳の氷
白玉ぜんざい
白桃やパパイヤや豊水も
シャーベットやゼリーも
もう、思い浮かべろといわれなくても、
次々と・・・・
ジュンサイも、
心太も、
ネギぬたも、
ゴマ豆腐も・・・・

もうダメです。頭の中に美味しなものが、
続いてでてきますが、放っておいて、
ブログを書いてしまいましょう。

ボールだけでなく、
適当な大きさの皿と組み合わせることで、
メニューの浮かぶスピードや分量が、
倍増拡大すると思うんですが・・・。
やっぱり器見るだけで、料理やデザートが浮かび、
よだれだしているのは・・・ぼくだけかな~ 。

                 甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/502-354529bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)