FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

「冷たそう」は夏のご馳走

暮らし方から建築まで、
高温多湿の日本だからこその、
夏を乗り切る工夫がなされています。
ある意味では、この夏の暑さが、
日本の文化に随分な影響を与えているかもしれませんね。

うつわの世界でも、
涼を呼ぶ工夫は随所に見られ、
盛りつけ、しつらえなどの心配りを加えて、
夏のお約束がたくさんありますね。

明治以降に新しいガラスの技術が導入されて、
手に入り安くなってすぐに、
ガラスは夏の器として定着していっています。
これは、ガラスからのイメージや、性能から、
選ばれ、特徴を活かされて身近に使われてきました。

natu422.jpg


熱伝導率の良いためにガラスの器に、
冷たいものをいれると、
すぐに器に露を打ったように、結露がでます。
これは、夏の盛りつけの時には、
椀や器に露を打って涼を呼ぶことに重なります。
路地や庭先に打ち水することにも通じています。

磁器も、特に白磁や青白磁の軽やかな色合いや、
材質感と、素地が透光性を持つこと、
伝導率がいいことなども、
清々しさから、夏の器として選ばれます。

冷蔵庫でキリリと冷やされた、
冷酒や白ワインを入れたボトルは、
目の前におかれて、みるみるうちに露を打ったようになります。
同じように冷やされて青白磁のリキュール杯は、
手に持ってときに、ひんやりと冷たさを伝えます。

酒にとって、香りや味はもちろん大切なことですが、
夏のはじめの一口は、なんと言っても、
その冷たさがご馳走になります。

            甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/503-822a8bdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)