fc2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

手仕事には珍しいデザインの平皿

今日ご紹介するのは野波実さんのマット釉平皿です。
通常器つくりは轆轤で挽き出すか、
板状にした胎土を型に押し付けたり組み立てるタタラ作りが、
主な作り方です。

21_nonami_0137.jpg
野波実 マット釉平皿 5,000円
平均のサイズ径24cmH2.3cm


器作りが轆轤挽きが中心なのは利点が多いからです。
たくさんの同じ形を挽き出せ、
曲面を使うことで軽く丈夫な器を作れます。
それでも轆轤で平で広い見込み底のデザインの皿にするには、
クリアしないとならない問題点があります。

21_nonami_0138d.jpg

平で同じ厚みを作りやすいタタラ作りですが、
問題点として歪みが出やすい点や、
焼成すると見込み底面が持ち上がる現象など、
クリアしないとならない問題点があります。

21_nonami_0139.jpg

野波さんの挽き方の一個挽きには、
その両方の良さを使えて、
見込みが広く平な平皿を挽き出せます。

21_nonami_0140.jpg

轆轤で挽き出すことで歪みを少なく、
丈夫で同じ形をいくつも作り出せます。
大きくて平な見込みは盛り付けしつらえが、
洋皿に多いプレート皿に近く、
でも手仕事の轆轤挽きの良さを備えていて、
趣があるため和のしつらえも得意です。

朝のトースト目玉焼きサラダのワンプレートや、
おしのぎ風にしつらえたランチプレートや、
パンケーキにフルーツを添えたスイーツや、
ローストビーフでもお刺身盛り合わせでも、
何を盛っても美味しそうに映える平皿です。

                甘庵
  

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/5049-a9c923e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)