FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

やっぱりガラスの器は夏の器

夏になるとどうしても出番が多くなるのが、ガラスの器でしょう。
冷菜をより涼しげに演出する器として良く使われます。
アイスクリームやシャーベットや冷菓も、
当たり前のようにガラスの器に盛られます。

でもこれって、じつはとても日本的なガラスの器の使い方みたいですよ。

たとえば夏に、フランス料理のコースを食べたとして、
冷菜やアイスクリームなどのデザートなども、
やきものの器に盛り付けられていることが普通です。
きっと、私たちほどにはガラスの器に清涼感を感じないのでしょうか。
だから、ガラスを特別に夏の器として、
使おうとは思わないのでしょうね。

arkw003.jpg


ぼくらはガラスを夏の器と、ごく自然に感じてるけど、
これは、とても日本的な、器の選びのセンスみたいですよ。
ふたつのとても素敵なセンスです。

一つにはガラスの器に、夏の季節を割り当てたセンス。

二つ目に高温多湿の日本の夏を、ガラスの器で、
少しでも過ごしやすくしようとする工夫を、
粋に楽しむセンス。

この二つのセンスからガラスは、
夏の器の代表のようになりました。
 
夏の器として選ばれた一番の理由は、
ガラスの器だけが持つ透明感でしょう。
この透明感から水や氷を連想したり、
清涼感を感じるのも日本的な感覚なのでしょうね。

ガラスは高温で溶けて、ドロドロの液体から、
だんだんと粘性を増していって、
徐々に固まってしまう特性を活かして、作られます。

この液体から形作られるガラスの器に、
水や氷を感じるのは、いたって自然なことでしょう。

日本でガラスが、量産されるようになったのは、
明治の時代です。
まだまだ、庶民にとっては、贅沢だったとは思いますが、
それでもすぐに、かき氷用の器が出来ています。
水色や、ピンクや、色とりどりの、
アンティーク屋さんで見かけるあれです。

カップ部分の下にステム(脚)のある高坏(たかつき)型で、
作り出した職人の心意気が感じられる、堂々とした姿の器です。
冷たさが伝わりやすいので器全体につく水滴や、
中のシロップが透けて見える様子はいかにも涼しげで、
器も御馳走にしてしまうのが日本らしさですね。

器以外ですが、吹きガラスの風鈴も夏のものですね。
たとえ、なまぬるい微風でも、澄んだ音を楽しむことで、
涼やかな風を連想することに、すり替えてしまう。

日本の夏の暑さを乗り切ろうとする、
素晴らしい庶民のセンスと知恵だと思いませんか。

だって、壊れにくさなら、鋳物(いもの)の風鈴の方がずっと丈夫なのに、
はかないくらいの薄さに涼感を覚えて、ガラスの風鈴を選ぶところは、
いかにも日本的ですよ。

arkw002.jpg



今の私たちの住まいは、夏にはクーラーが効き、
冬には暖房で暖められています。
ずいぶんと、蒸し暑さも、寒さでも、楽に暮らせるすようになりました。
その分、季節感のない暮らしぶりになって来ているかもしれません。

旬がわからくなった、季節感の薄い食材を食べ、
身の回りの風景からも、季節感が減る一方の日本だからこそ、
暮らしの中では先人達の感性を引き継ぎ、新しい発想や工夫を、
取り入れたい物です。

arkw001.jpg


夏の器として、ガラスをもっと自由に楽しみましょう。 

荻窪「銀花」は金曜日から今度はガラス屋になります。
澄んだ素地の綺麗な荒川尚也さんの個展がはじまります。
そこでしばらくは、荒川さんの作品を含めてガラスのお話しを、
させていただきます。

      閑庵

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/53-e9d5529e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)