fc2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

膨らませた澄んだ素地が魅力

今日ご紹介するのは荒川尚也さんのカエル水差しです。
名前の由来のフォルムは安定感のあり、
しっかりしたハンドルを備えた実用デザインです。

22arakawa_0020.jpg
荒川尚也 カエル水差し 13,200円
W29.7cmD8cmH15cm
程よくいれて900cc


坩堝の中の溶けたガラスを、
竿(金属のパイプ)に巻き取り、
息を吹き込んで作り出す、
吹きガラスの魅力が溢れた、
伸びやかな膨らみが魅力的です。

22arakawa_0023.jpg

アワや装飾がないシンプルな造形は、
飽きのこない穏やかなデザインで、
荒川さんの特徴の澄んだ素地が生きています。

22arakawa_0022.jpg

程よく入れて900ccは900gの重さになりますが、
持ちやすいハンドルとバランスの良いデザインで、
注ぐやすくキレも良い水差しです。

22arakawa_0024.jpg

様々な飲み物の色や表情がそのまま見える、
澄んだ素地が美味しさを引き立てます。
水分補給が大切になるこれからのシーズンには、
様々なシーンで活躍する水差しです。

                 甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/5326-cbb62542
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)