fc2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

息してそうなピッチャー

今日ご紹介するのは鶴見宗次さんの手ひねりピッチャーです。
小皿から大きな花入までロクロを使わず作り出す鶴見さん。
丸くなくアンシンメトリーな姿のピッチャーで、
より造形力の魅力が倍増しています。

21turumi_0527.jpg
鶴見宗次 手ひねりピチャー 8,800円
W18cmD8cmH12.5cm 程よく入れて400cc


使うための器なので見込みがあったり容積がある作り方ですが、
作り方としては器作りというより彫刻に近い部分があります。
そのためフォルムもテクチャーなどの表情が、
ロクロ作りより濃いめの味付けになります。

21turumi_0529.jpg

甘庵には有機的な印象が感じられ、
夜中になると動いたり、
密かに息してるのはないかと感じるくらいです。

21turumi_0528.jpg

同じタイミングでは同じくアイテムを作られ、
たしかに一群としてみると仲間なのですが、
顔つきは手ひねりなためにロクロ作りより、
一つずつなのが顕著にわかります。

21turumi_0530.jpg

その点でも個体の個性がみえて、
より生き物感を感じてしまいます。

と少し普通でない部分のことをお話ししましたが、
注ぐ器としての大切な機能には優れています。
スルスルっと注げてスパッとキレます。
気持ちの良い操作性で使うのが楽しくなるピッチャーです。

                   甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/5330-8df0a7ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)