FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

オシャレだけど安心感

荒川さんの個展2日目です。
昨日画像処理まで終わった、メンバー用のHPの仕上げを、
お客様の合間に進めて何とか完成。
メンバーにメルマガで知らせてほっとしたら、3時過ぎ。
改めて、作品を楽しみながら眺めています。

424.jpg


荷ほどきの時に、新しい作品をみて、
「なるほどー」「面白い」「こんな物もつくったんだー」などと、
新鮮さを感じていたのですが、
もうすでに、オシャレな“うつわ”も、オブジェのような花器も、
安心感のある、心になじむ作品になってしまっています。

422.jpg


それは、ぼく個人の荒川さんの作品が好みだと言うこともあるにせよ、
加えて、荒川さんの作り出す手順や制作過程のなかで、
何度もご自身の中でも葛藤や批判や判断や評価を、
かなり厳しく繰り替えしていて、
そんな結果は、新しい作品でも、すでに荒川さん個人の中で、
かなり消化されているのだと思う。

433.jpg


たとえば、縁を熱いうちに、水につけてひび割れさせ、
また焼くことで溶かして、角の丸みをつけひびをつなぎ、
使用に差し障りのないようにした花器や鉢は、
光を受けると、縁がシャンデリアのように煌めきます。
造形の美しさと、動きと、ガラスゆえの儚さ、
硬質感、透明感などを、理解して演出し素材感を十分に発揮しています。
これなども、ある意味ではわざとヒビを入れた器。
でも、“うつわ”として使う事へも、安心感があり、
また、料理や、お菓子や、花が生える、
納得いく“うつわ”です。

440.jpg


どの“うつわ”をとっても、
感じ方や使い方やアイテムの違いにかかわらず、
ぼくに感じる、心地よさは、もしかしたら、
懐かしさに似ているかもしれません。
工芸屋を初めてからずっとそばにあった、
ガラスの“うつわ”であり、ガラスの“うつわ”の物差しになっていたのですから、
そうなっても不思議はないのかもしれません。


423.jpg


 閑庵

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/56-22eebb61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)