FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

漆器でも皿をお奨め

先日の記事で、「さら・サラ・皿」で磁器の山口さんの皿をご紹介しましたが、
ぼくらの今の食卓では、
皿が主体になることが多いんです。
自分の器として、お気に入りのマグや、
湯呑みや、お茶碗を、持つように、
お気に入りの皿を持つのも、
案外良い物ですよ。
そんな皿に、漆器もお奨めします。

使ってみればわかるのですが、
漆器の皿はとても使いやすく便利です。
和から洋まで料理の幅も広く、
その質感から、格調高く、目でも美味しさを楽しめます。
ハレでも、ケでも、スタンスも広いと思います。

urushi175.jpg

松室裕重 皿欅7寸 径21.5高さ3
10500円

堅牢で、木目の楽しめる欅を、
実にさりげないフォルムに仕上げています。
普段使いにバンバン使う事を意識して、
横木で挽きだして、
木目を見える塗り方で、
たっぷりと漆を塗り重ねています。

urushi177.jpg

松室裕重 木の葉皿欅8.5寸 径24.5高さ3.2
14700円

見込みの中央に、葉の形の銀箔をおき、
漆でしっかりコーティングしています。
良質の塗料である漆は、
良質の接着材でもあります。

余談ですが、漆は「金継ぎ」という、
陶磁器の繕いに使われ、
その美しさから、それ自体が、
侘びの美として技を認められました。
でも、その基本は繕いとして、
性能も含めて一番の方法だったからです。

どちらも松室さんが自分で使うことから生まれた形です。
木や、漆器の箸や匙を使うことが原則ですが、
それさえ守れば、ハンバーグ、スパゲティ、カレーといった、
お子様三大メニューといわれるような、
ごく日常的で、頻度の高いメニューでも、
全く問題なく、そして楽しく使えます。

クリスマスやお節料理といった、
ハレの料理やご馳走はより品格上がることでしょう。
でも、本当に何でもいいんです。
刺身でも、煮物でも、
カツでもショウガ焼きでも、
チャーハンでも、酢豚でも・・・。
しまい込んだり、たまの出番より、
たくさんの出番があった方が、
器としては生き生きしてくると思います。

                甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/560-aceaceb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クリスマスプレゼントランキング

クリスマス人気プレゼント情報満載!今話題の人気プレゼントや限定品が見つかります。彼氏・彼女への喜ばれるプレゼントをランキング紹介!思い出に残るクリスマスプレゼントを!

  • 2006/12/07(木) 18:11:18 |
  • クリスマスプレゼントランキング