FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

稲垣明子さんの練り込み

今日は稲垣さんの練り込みのお話をしてみますね。
練り込みという手法は、
複数の色の違う胎土=粘土を意図的に練り込んで、
土の色合いが生み出す文様を楽しみます。

練り込みを手がける方の多くは、
計画的に、あるいはたくさんの手間を掛けて、
縞や市松などといった、幾何文を生みしています。
根気のいる静かさを感じる仕事です。

稲垣さんの練り込みは、動きを感じる仕事です。
予期された偶然を上手く取り込む、
窯変や、灰かぶりや、緋だすきなどといった物に、
感性では似たものがあると思います。

まずは見てください。
inagaki363.jpg

これは、同じロクロで生み出された、
フリーカップを3つ並べました。
中程のカップの見込みは随分白い部分が多いですよね。
でも、このカップをそのままの配置で裏返して見ると・・・。

inagaki365.jpg

どうですか、見分けが付かないくらいの、
青と白の混ざりぐらいは、同じような感じですよね。
稲垣さんの練る込みは、
このカップですと、青い土と、白い土の塊を合わせ、
そのままロクロの上に乗せて、挽きだしてしまいます。
カップごとに、青の土と白の土が、平面的ではなく、
立体的に混ざっているので、
たまたま白い土だけの面ででることも、
その逆もあります。
でも、裏では平均的な混ざり具合の姿になっていたりします。

inagaki364.jpg

ロクロの上で土がねじられて、練り込まれていく、
勢いとスピード感のある、稲垣さんの練り込みを、
裏も見ながら楽しんでください。

                 甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2006/12/06(水) 11:35:39 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

柔らかな渦

ロクロの上で練り込まれていく様は、
クリームが混ざり合うようですね。
涼しげな青だしね。
さとさんには涼しげに、
はぐみさんには美味しそうに写ったようですね。
遠からじですね。

こんばんは

甘庵さん、こんばんは。
マーブルの絵柄が素敵ですね。涼しいものを盛りたいものです。夏にぴったりかしらと思ったのは私だけでしょうか?

  • 2006/12/05(火) 18:17:09 |
  • URL |
  • さと #o.trGIrQ
  • [ 編集]

こりゃまたマーブルhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/190.gif" alt="" width="14" height="15">でおいしそーhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/350.gif" alt="" width="14" height="15">水色かき氷http://blog74.fc2.com/image/icon/e/483.gif" alt="" width="14" height="15">とアイスhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/760.gif" alt="" width="14" height="15">のとぐろハーモニーだねhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/814.gif" alt="" width="14" height="15">

  • 2006/12/05(火) 17:21:32 |
  • URL |
  • はぐみ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/585-4bd23b72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)