FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

加藤財さんの急須ポット展

お待たせいたしました。
HPなどでもご紹介しておりますが、
来週12月15日(金)から加藤財さんの個展がはじまります。
そのために問い合わせを頂くことが多くなっているので、
ブログを読んでくださっている皆様にも、
早めの予告と、ご紹介をさせていただきます。

kato062.jpg


秋の予定だった個展が、
加藤さんが体調を壊したことで、
会期を延期させて頂き、いよいよ来週という運びになりました。
先週の状況では、窯焚きの最中で、
まだ作品の選別やチェックはこれからということでした。
さて、今年はどんな作品を見せてくださるか、
ワクワクしております。

切れが良く
使い勝手が良く
お茶が美味しく入り
気品溢れる美しく端正な姿

それが「たから急須」の持ち味です。
お茶を入れるのが楽しみになり、
芳香はお茶は喉の乾きと、
心を潤す心地良さを味わえます。

kato061.jpg


予定では、急須、ポット、注器などが、
300点ほど並ぶ予定です。
そして、急須にしてもポットにしても、
一つと同じものがなく、
少し違った顔つきをしています。
そのくせ、どれも加藤さんの急須やポットと、
すぐに分かるのは、ひたむきに作られている加藤さんの、
姿勢そのものが滲み出ているからに違いありません。

会場では、水を用意して試してもらっています。
どれも切れは良いので、
切れの良さを試すと言うより、
選ぶ時に注ぐ感じが手に合う物を選らんでいただくためです。
そうでもしないと、ふるい落とすことができないほど、
あまりにどれも素敵でいて、
選ぶのに困ってしまうからです。

そんな「たから急須」ですから、
ほんとうは、手にとって選んで頂きたいのですが、
遠方のお客さまには、
寸法、容積、複数の画像などの資料をお送りして、
さらに、選んでいただくよりどころになればと、
僭越ながら甘庵が「たから急須」ファンとしてアドバイスなどで、
選定のお手伝いをさせていただいておりますので、
お気軽にお問い合わせください。

             甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

いいでしょ

この加藤さんの急須が縁でYOMEさんとしりあえたんですよ。
何でも、ニューヨークで見て、ずーっと思っていたんだって。
見るからに、すかっと綺麗でしょ。
これがまた、お茶注ぐと・・・凄くいいんですよ。
粉もの好きで・・・パン?うどん?
うふふ、もしかして土物って思っていて、
美味しそうな、ゴマとチーズのパンの香りで粉ものになちゃったかな?うふふ。

近くでしたら行けたのに

甘庵さん、おはようございます。
加藤さんの個展ですね~。葉書が届いてますが、なにせ遠いので行けません。
間近で見たいのですが残念です。画像で我慢です。
頻繁に買うことのできないものが器ですね。でも、見ているだけで心がほっとしますね。
以前は白い陶器が好きだったのですが、最近、粉ものが好きでついつい、見入ってしまいます。

  • 2006/12/08(金) 09:46:14 |
  • URL |
  • さと #o.trGIrQ
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/588-c8a5d8b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)