FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

モダンだけど和です

稲垣さんの器はとてもモダンで、
一見したイメージは洋食器かもしれませんね。
といいながら、手法や素地や構想概念が和。
何より作っている稲垣さんが和。
というと、誤解されちゃうと思うから、
付け加えると、ここで言う「和」は、
今のぼくらの暮らしの和です。

着物を着て、畳と障子の部屋で、
座って膳で食べるのではなく、
ジーンズにカットソーにフリースを着て、
テレビがあって、携帯で話し、
ダイニングテーブルで食べる。
そんな今の和の生活。
時代の中でいつも、新しい物を取り入れながら、
全て日本流に変えて、混ぜ混ぜして作り上げてしまうのが、
まさに「和」だと思っていますので、
あえて、ここでは「和」と言わせてくださいね。

というわけで稲垣さんの器はまさに「和」だと思っています。
湯呑みというよりカップ。
この方が言葉としても正解。
だって、誰もお湯なんて呑まないでしょ。
煎茶、番茶、ほうじ茶みたいな日本のお茶だけでなく、
紅茶、ウーロン茶、バーブティ、コーヒー、ココアと、
もう自由自在に、自分の好みの物を呑めるのが、
「和」なのですから。
cup なんだけど、カップ。
そう、カタカナになった時点で、
和の器になってしまうと思います。

inagaki379.jpg

使い方が自由なのも、和の器の特徴です。
元々の用途に縛られずに自由に使う感性を大切にしていて、
そんな遊び心を「見立て」といいます。

inagaki380.jpg

また、別々の器を合わせることで、
違った気配は雰囲気を生み出したり、
立体感を構成することも楽しみます。
それを「取り合わせ」と言っていますね。

inagaki381.jpg

稲垣さんの器はまさに「和」の遊び、
「見立て」や「取り合わせ」にぴったり、
遊びやすい器なんですよ。
画像の器もソバチョコやコップやボウルやとを、
適当に合わせただけですが、
よそ行きになったり、違うメニューがイメージできたりします。
皆さんもぜひ、自由に使って欲しいです。

              甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。


テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

大正ならぬ平成モダンね

平成になってから既に18年ですね。早い物だ。
平成の文化をして位置づけることを、
考えてみれば、
うん、確かに「平成モダン」かもしれませんね。

今ときのモボhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/80.gif" alt="" width="14" height="15">モガhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/50.gif" alt="" width="14" height="15">が好きそうなhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/328.gif" alt="" width="14" height="15">浪漫を感じさせるカップhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/93.gif" alt="" width="14" height="15">だね。

  • 2006/12/10(日) 19:35:41 |
  • URL |
  • はぐみ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/592-515f5a0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad