FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

磁器の引き出し

幅7cm奥行き10cm高さ6.3cmの青白磁のこの箱は、
蹴轆轤で作る器が人気の野波実さんの作品です。

box743.jpg

陶箱(やきものの箱)の多くが、
上下に身と蓋に分かれる構成ですが、
そこは野波さんらしさにあふれていて、
引き出すという収まりです。
これは過去の箱展にも出展していただいていて、
評判のよいシリーズです。
大きさやバランスは野波さんの気持ちが反映されて、
その時々で微妙に違いますが、
ディテールへの配慮は、
変わらず細やかな気配りと、優しさにあふれています。

box744.jpg

中も、裏も、すべてに釉薬がかかり、
滑らかで穏やかな表情をしています。
そのまま窯詰めして焼いてしまうと、
解けた釉薬がガラス状に固まり、
棚板に付いてとれなくなってしまいます。


box745.jpg

そこで、目立てをして、
棚板から浮かせて窯詰めをして焼成します。
こうして始めて、すべての面に釉薬を施すことができます。
そんな仕上げのためにかける手間を、
少しも惜しまないところが、
野波さんの人柄そのもので、
ファンの多い秘密なのだと思います。

             甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

引き出しっていう言葉から

ぼくは知恵をイメージしてしまいます。
言葉や、知識が引き出される・・・、
たくさんの情報が分類されて、
詰まった引き出しから、
シューって開いて、必要は情報が出てくる。
ちょうど、たくさんの引き出しが壁一面あって、
膨大な漢方薬が収納されている薬ダンスみたいな・・・。

明けるとそこにはhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/721.gif" alt="" width="14" height="15">じゃなくて引き出すとそこには優しい面影がのぞいているhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/317.gif" alt="" width="14" height="15">優しい気持ちになれるね。http://blog74.fc2.com/image/icon/e/266.gif" alt="" width="14" height="15">

  • 2007/01/09(火) 14:32:32 |
  • URL |
  • はぐみ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/618-b1a4e3fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)