FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

厨子のような箱

厨子といえば、玉虫の厨子が有名です。
中に仏様を安置する小さなお堂ようようだったり、
タンスのようだったりする、入れ物です。
この稲垣明子さんの屋根の型の蓋をもつ箱から、
なぜかぼくは、厨子をイメージしました。

box752.jpg

もちろん通常の厨子は観音開きの扉ですから、
屋根のような部分の蓋が開くこの箱では、
厨子とは大きく形態も異なるのですが、
どこか厳かで気品ある気配が漂い、
何か高貴な、尊いものを入れたくなります。

box754.jpg

稲垣さんが器でよく使う結晶釉が施されていて、
ほどよく華やかな紅色の彩色が、
家や、お堂をイメージさせるデザインにも生かされています。
交互に彩色された方行の屋根には、
宝珠や水煙のようなつまみも付いています。
四面にも窓にも見える加飾があり、
バランスの良く配置された構成が、
まるでお堂を小振りに圧縮したように映ります。

box753.jpg

掌に包み込めるほど小さくても、
重厚な趣のある箱に仕上がっています。
そのあたりが、ぼくに厨子を連想させたのかもしれません。

                甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。


テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

はぐみさま

そうです!何を隠そう・・・隠さず、
はぐみさんあなたは箱入り娘・・・レディ。
リボンを付けて?
のしつけて?
発送伝票つけて?
何つけましょうかね。

玉虫の厨子?
ずっしり趣のある箱で箱入り娘?みたいで、それってわたしのこと??

  • 2007/01/13(土) 23:05:57 |
  • URL |
  • はぐみ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/622-d1f14ee1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)