FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

モダンな箱の見立て

背比べしているように並んだ、
丸みのある円筒形の箱は、
山形で制作中の武田千秋さんの陶箱です。

box758.jpg

確かな轆轤挽きの技を生かして、
丸みのあるフォルムと、きっちりした合わせ目まで、
作り上げています。
それでも、一つずつ作ることで少しずつバランスの違う、
円筒が出来上がり、
その顔に似合うように一つずつの表情の釉薬が施されています。

水玉、釉薬のかけ分け、象眼など、
武田さんらしく、シンプルでいて控えめな選択で、
穏やかで飽きのこない、構成になっています。
中には、内側の釉薬も変えているもののあります。
小振りなもので、径が6cm高さが6cmほどで、
大きいほうが、径が8cm高さが8cmほど、
真横から見た縦横からいえば、正方形に近いのに、
立体的な円筒形は、ほどよく細身の目に映ります。

box759.jpg

合わせ目がきっちりしていることもあり、
見立ての茶入れにと選んで頂いたお客様がいらっしゃいました。
箱展を催してとても楽しいことは、
選んでいただいて、出会いがあったお客さまから、
楽しい見立てや使い方の工夫を伺うことです。
皆さんなら、どんな使い方をなさりたいですか。
ぜひ、教えてください。

                 甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

寒い中?コメントありがとう!

おひょいのTさん
今日は小正月。小豆がゆでも食べて、
そろそろお正月気分から抜け出したり、
通常の業務に・・・・って、
今の暮らしは、元旦から何でも手に入る世の中だけど、
やっぱり、組織の仕事だと、シフトが潤滑に動くまでには、
時間かかるんですかね。
でもでも、箱を眺めてもらって、
Tちゃんの和みになったみたいで良かった。
また、上京するときにでも、チャンスがあったら、遊びに来てくださいね。
予告してくればお菓子もつきますよ!!

ガラス工芸@伊藤さん
ホットワークな吹きガラスほど、
合わせ目の難しさはないですが、
焼成すると、蓋と身は別の動きをするので、
通常の器よりは面倒ですし、技や読みが必要ですね。
ガラスでも、型>電気炉の作品は設計や計画的な作業でも、
削り調整が必要になりなるようですね。
ブログでも紹介する予定ですが、
会場が見えるページがあります。
よろしかったら、参考に覗いてみてください。
http://www.netlaputa.ne.jp/~ginka/exhibition.shop.html

素敵な茶入れですね

はじめまして。
ガラス工芸の学校から来ました伊藤と申します。
私は、陶芸のことはよくわかりませんが、色が控えめで、上品な茶入れですね。
蓋物はガラスの場合、磨り合わせが大変です。陶芸でもやはり、蓋物は大変なんでしょうか?

また、ときどき伺いますね。

Blogランキング、ポチっと押しま~す。

  • 2007/01/14(日) 22:41:54 |
  • URL |
  • ガラス工芸@伊藤 #-
  • [ 編集]

色々な表情の箱がありますね。氷みたいな物や飴(木)みたいな物。シンプルで暖かい雰囲気の物や、不思議な形。


新年明けてから、もう半月経ちます。バタバタとした時から、日常へのシフトが中々出来ない中。今回の様々な表情の箱達を拝見して、少し和みました。


占いではないけれど。どんな雰囲気の箱に、どんなモノが宝物に感じたり必須アイテムとして、そこに収まるのかな…。


様々な箱達。素敵ですね。

  • 2007/01/14(日) 16:51:03 |
  • URL |
  • ひょい のT #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/623-f7dc734e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)