FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

兜鉢

兜鉢
「かぶとはち」と読みます。
光藤佐さんの粉引の鉢では定番の器です。

mitufuji985.jpg

今回も4寸、5寸、6寸と3種類が並んでいます。
重ねると良い具合に入れ子になります。
大人数でない収納には大変便利です。

裏返してみると・・・。
mitufuji986.jpg

ほら、「かぶと」の由来がわかりますよね。
見込みの外側に角度がゆくるなる縁が着いて、
ちょうど「かぶと」のような形なので、
そう呼ばれます。

このシンプルですが、
二段になっている外側の縁が、
おすましして中高(なかだか)に盛りつけると、
ちょうど良い具合に額縁になり、
難しさもなく盛りつけの、
基本のバランスを自然と会得します。

また、光藤さんの焼き切っている粉引ですから、
急な汚れ方など決してしません。
使う前に、料理に合わせて、お湯や水をくぐらせてくれれば、
あとは気軽に、様々料理を盛りつけても、
汚れや匂いを気にすることはありません。
使うほどに美しく侘びていく、
土ものの器を楽しめます。

和のしつらえの基本の器として、
ぜひ、おすすめの器です。

             甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

四季折々の

行事は楽しいですよね。
季節感を楽しめるだけでなく、
時間に追われがちになりやすい日々の、
アクセントになりますね。
チョコレート、ぼた餅、桜餅、柏餅、ちまき・・・。
そう、ゆかりの食べ物だけでも、
嬉しくなってしまいますね。

これからひな祭りhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/477.gif" alt="" width="14" height="15">端午の節句http://blog74.fc2.com/image/icon/e/480.gif" alt="" width="14" height="15">といろいろ出番がありそーな予感http://blog74.fc2.com/image/icon/e/814.gif" alt="" width="14" height="15">
桜餅、柏餅盛ってもおいしそーhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/350.gif" alt="" width="14" height="15">
おっと、その前にバレンタインデーhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/803.gif" alt="" width="14" height="15">がありました、http://blog74.fc2.com/image/icon/e/763.gif" alt="" width="14" height="15">チョコもちょこっといいかも。

  • 2007/02/06(火) 10:15:30 |
  • URL |
  • はぐみ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/646-90fffdec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)