FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

遊び心から生まれた

「四季をめでる人形展」ですから、
おひな様ばかりではありません。
昨日ご紹介したさかいゆきみさんの福助のように、
楽しい人形がいろいろ見られます。

hina066.jpg

作り手も、普段は人形ではなく器を作っている方にも、
参加していただいています。
蹴轆轤から生み出す柔らかな表情の、
白磁や青白磁の器で人気の野波実さんもそんな一人です。

hina068.jpg

今回は、彼の作陶の原点になっている沖縄で出会った、
シーサーを、焼きしめと、紙粘土で作ってくれました。
これがなかなか愉快な表情を見せていて、
見る側もつられて、口元がついついほころんでしまいます。

hina071.jpg

普段作っている暖かいけど静かな表情の器から、
ぼくは、野波さんらしさを感じとっていたのですが、
このおどけたしぐさのシーサーからも、
野波さんの違う一面を感じとれました。
真面目なだけでない、ユーモアのセンスにもなかなか長けています。

hina069.jpg

生き生きした動きのあるフォルムからは、
やんちゃなエネルギーがあふれています。

hina073.jpg

焼きしめのシーサーは、泥遊び火遊びの楽しさが、
紙粘土のシーサーは、何もないところから形を生み出して、
好きな色に仕上げる楽しみが、
どちらからも、遊び心があふれ出しています。

                 甘庵

会場の様子や価格も見られます。
在庫があればお求めいただけます。
メールでも注文承っています。

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

狛犬も

対だし、口開いたのと口を結んだのがあるのも、
同じ感じですよね。
別名獅子犬とも言うらしいので、
元は同じなのでしょうね。
神社が変わると、お使い動物にかわりますね。
稲荷神社は狐さんで、春日神社は鹿さんですね。
口を・・・どうかな?

沖縄のシーサーは関東地方ではあ・うんのことかしら。http://blog74.fc2.com/image/icon/e/451.gif" alt="" width="14" height="15">表情豊かで躍動感があって沖縄っぽいhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/814.gif" alt="" width="14" height="15">ラフティ、ゴーヤーちゃんぷるが食べたくなる。

  • 2007/02/12(月) 21:21:46 |
  • URL |
  • はぐみ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/653-d79216fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)