FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

亀好き蛙好き

亀好きの宮本彩子さんは、亀を飼うだけでなく、
作り出す人形も、実に表情豊かな亀君たちです。

hina084.jpg

鎮座する丁寧な仕事の座布団敷物からも、
その愛情が伝わります。

hina083.jpg

豊かな色彩もあふれ出ていて、
デフォルメされ、整理された亀君の甲羅には、
彩り豊かな花柄が印刻、彩色されています。

hina091.jpg

宮本さんは亀君だけでなく、は虫類や両生類も、
いけてるようです。
カエル君たちの動きある表情からは、
鳴き声が聞こえて来そうです。

hina087.jpg

瞬間の動きを止めたようなトカゲ君は、
のんびりひなたぼっこの途中に見えます。

hina090.jpg

老眼はいってきているぼく。
じっと目をこらすと、どれも大きさから思えば、
実に細部にわたっての細やかな仕事で、
作り手の亀君やカエル君たちへの思いは、
なかなかのものと、感心至極。

                甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。


テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

長生きらしいよ~

っていってもね、千年万年はオーバーですね。
でも、亀は万年でないと亀○万年堂さんの屋号を、
「亀○四十九年堂のナボ☆を・・・」って、
王さんも言いにくそうだから・・・。

鶴は千年、亀は万年って言うけど、そんな長生きするのかな?亀仙人みたいだねhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/446.gif" alt="" width="14" height="15">

  • 2007/02/17(土) 14:20:42 |
  • URL |
  • はぐみ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/658-deefb636
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)