FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

電球の魅力は色だけではない

あかり展でご紹介するあかりは、
電球とろうそくを光源にしています。
消費電力やコストからは、どちらも能率的ではないのですが・・・。
蛍光灯にはない魅力があります。

lamp192.jpg

正確な色をゆがめる赤い光なのにどこか落ち着くのは、
色が暖色というだけではなく、
もともとが燃えることから、明るさや暖かさや安全や調理まで手に入れた、
火に、由来しているのだと思います。

lamp193.jpg

そこで、電球色の蛍光灯も発達してきているのでしょう。
省エネとしてはかなわないのですが、
電球だからこそという点では、
優秀な技術から生まれた蛍光灯でも、どうして出来ないことがあります。

lamp195.jpg

電球の光には陰影を生み出す力があるのです。
これは有る意味では手暗がりができるので、
仕事や作業の場所としては、作業能率としては良くないかもしれませんが、
自宅やプライベートな空間で、
食事をしたり、音楽を聴いたりと、
心をほどく時には、陰影の有る空間の方が、
ずうっと心和むはずです。
うつわや、工芸品の美しさを鑑賞するにも、
好ましいと思っています。

それは、お酒やお茶やゆっくり食事するお店での、
照明演出を思い浮かべていただければおわかりだと思います。
自宅にいても自室にいても、
電球のあかりと、それを灯す人の手で生まれた照明器具を、
一つ灯す演出だけで、変えることができます。
ぜひぜひ、お試しいただきたいと思っています。

                甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

自宅にいなからにして・・・

そうそう、はぐみさんちでも、
ペンダントやスタンド使っていただいているから、
相模湾ビューの10F高級ラウンジですね。
Mt.富士も見えるしね!

セレブな灯

うちで晩ご飯のときでも世界にひとつの灯りで食事すれば54階のホテルレストランhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/378.gif" alt="" width="14" height="15">なみなムードが味わえるかもhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/349.gif" alt="" width="14" height="15">愛を語りあうのにも…ムードランプhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/328.gif" alt="" width="14" height="15">にどーですか?

  • 2007/02/27(火) 13:18:54 |
  • URL |
  • はぐみ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/668-0050f93d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)