FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

光の流れ方

理屈的には、光は波長を持っている波です。
やはり波の音と同じように伝わって来ます。
音楽もそうであるように。
強弱や方向や好き嫌いが出てしまいます。

また、平均値というか、いつのまにか、
ポピュラーな「あかり」が使われるようになります。
たとえば、「あかり」の多くが上から照らします。
つまり天井です。
特に住まいのなかでは天井に照明器具が着くのが平均的な、
部屋の構成になっていますね。

「あかり展」では、空間のイメージや演出として、
暮らしの視線に近いレベルからの光が流れ出す、
スタンドの点灯をおすすめしてきました。

lamp188.jpg

今回は、さらに光の流れ方を楽しんでもらいたいなと、
もう一歩積極的なスタンドをご紹介いたします。
アッパータイプと呼んでいるスタンドです。
荻窪「銀花」オリジナルのスタンドの姉妹「あかり」です。

システムや素材の構成は同じです。
へら絞りした真鍮のベースから、垂直に伸びた真鍮のパイプ。
その上に、堀内繁樹さんの作った銅打ち出しのキャップ状の金物。
そこに、巳亦敬一さんの吹きガラスシェードが上を向いた形でつきます。
まるで、お日様に向かってすっと伸びたお花が咲いているようです。

lamp191.jpg

ぼんぼりのようなこのスタンドからは、
主な光は上に向かって流れ出します。
ガラスのシェードですから横にも穏やかに光が流れます。
60センチ前後の高さのこのスタンドは、
様々な空間で素敵な演出をしてくれます。

壁沿いになる低めの棚や台の上におくと、
壁に沿って流れだした光がいつものお部屋に奥行きを生み出します。

ぽつりと、床においても「あかり」であると同時に、
花を飾るように空間を華やかにしてくれます。

和室において、燭台のようにつかえば、
気軽に夜話の気分で一服のお茶を楽しめます。

さて、あなたにはどんなイメージや使い方が浮かんだでしょうか。

                    甘庵
皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

あかりをつけましょ~♪

アッパースタンドにぃ~♪
って感じで、明日のおひな祭り先取りです。

明かるい太陽にまっすぐ咲いている一輪の花http://blog74.fc2.com/image/icon/e/256.gif" alt="" width="14" height="15">みたいhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/446.gif" alt="" width="14" height="15">
ふたつ並べて男女で座ればひな祭りhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/477.gif" alt="" width="14" height="15">

  • 2007/03/01(木) 16:10:47 |
  • URL |
  • はぐみ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/670-fbe3a11d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)