FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

春の日差しの中で

ご縁をいただいている、
ちょっと遠くのお客さまから、
鶴見さんの器へのお問い合せ。

画像を整えて添付するのに、
取り置きの画像に加えて、
天気の良い日差しの中で撮ってみました。

turumi.469.jpg

釉薬がないぶん、
日差しの中で撮っても、
映り込みや照りがでず、
むしろ、さっくりした肌合いのディテールや、
灰がかりの煌めきがまた、違って見えるかと。

まぁー有る意味では、
あばたも、シミもはっきり写ってしまうわけで、
売りこみの画像としてはどんな物かという部分もあるのですが、
鶴見さんの器の表情などを、知っている方ですので、
美しく撮ることよりも、
情報として的確にお伝えしたほうが、
しっかり判断していただける、
嬉しいお客様なので・・・。
しかも素敵なレディなので、
ついつい情報過多の状況のメールに。
ははは。

turumi.470.jpg

撮影していて改めて思いました。
鶴見さんの皿。
いいですね~。
同じ顔が一つもないけど、
でもどれも鶴見さん。
濃く鶴見さん。

指あとが見えそうなざっくり力強く、
でも暖かいぬくもりの肌を持つ作り。
しっかり焼き切っていて、
珪石が溶けて球状に盛り上がってガラスの粒になっている。
水を打つと、さーっと滑らかに潤いをもち、
なまめかしいほどに艶やかになる。

さて、貴方なら何を盛りたくなりますか?
ぼくは・・・・。

                   甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

水をうつといきいきhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/267.gif" alt="" width="14" height="15">して二酸化炭素を吸って酸素を出したりしちゃってhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/451.gif" alt="" width="14" height="15">それって光合成じゃんhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/811.gif" alt="" width="14" height="15">

  • 2007/04/01(日) 13:35:04 |
  • URL |
  • はぐみ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/708-39035edd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)