FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

生えた取っ手

マグやコーヒーカップなどに付くハンドルといわれる取っ手は、
やきものとしては欧米か~?
そう、和ではなく、洋の文化です。

turumi856.jpg

またその多くが、加飾的で美しく華麗なハンドルが多いです。
付けることで荷重分引っ張られて歪むことを克服した技術や、
スタイルや様式などをまるまる含めて、
付いていることを由とし、取っ手を付けたんだから~と、
いう方向です。

turumi855.jpg

それに比べて鶴見さんの取っ手は、生えてます。
付けたのではなく、生えている感じの取っ手なんです。

turumi854.jpg

持ちやすく、つかみやすいということから、
結構大き目のハンドルですが、
ハンドルがあって自然というか、
必然とさえ思えるバランスやフォルムを持っています。
もちろんディテールの処理の上手さもあるのですが、
それ以上に感じるのは、このマグからハンドルをとったら?
このピチャーからハンドルをとったら?
きっとつまらなく、魅力が半減するだろうな~って、
ぼくにそう思わせます。

そう生えているから、ないと不自然になる取っ手、ハンドルです。

                  甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。


テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

お返事です

はぐみさん
ハンドルは確かに大切ですよね。
ハンドルネームのハンドルも同じhandleなんだけど、
肩書きとかあだ名って言うことらしい・・・。
操作するっって言う意味もあるわけだものね。

Sunnyさん
そうですね~。
鶴見さんは特に、質感はさわって楽しんで欲しいところですね~。
残念。
でも、日本に戻ってきたときに来店していただければ、
それはもう、きっと違った気配が見えてきますよ。
ぜひご来店を楽しみにしています。

この方の器

見れば見るほど触りたくなり、使ってみたくなります。画面を通して・・・なのがもどかしいです。
ハンドルが生えているってすごく面白い表現ですね、でもなんだか腑に落ちますv-219

  • 2007/04/10(火) 16:46:19 |
  • URL |
  • Sunny #-
  • [ 編集]

ハンドル

http://blog74.fc2.com/image/icon/e/125.gif" alt="" width="14" height="15">や自転車http://blog74.fc2.com/image/icon/e/215.gif" alt="" width="14" height="15">にハンドルが必要なようにこの器にもハンドルは必要不可欠http://blog74.fc2.com/image/icon/e/451.gif" alt="" width="14" height="15">乗り心地、使い心地は抜群ですhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/454.gif" alt="" width="14" height="15">

  • 2007/04/09(月) 22:38:49 |
  • URL |
  • はぐみ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/717-e97c17fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)