FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

組み合わせ自由

角掛さんの器は一つずつで個性的と、
昨日お話ししました。
今日は、自由に組み合わせ出来る楽しさを、
お話しさせていただきます。

角掛さんの器は質感や個性ははっきりしているの、
陶器、漆器、ガラスなどの他の器の中にいても、
個性を発揮して、取り合わせ、競演を楽します。

と、同時に、トータルのバランスやデザインが、
システム化されていて、
同じ角掛さんの器同士の組み合わせることで、
モダンな構成が生み出されて、
目的やイメージごとに組み替えが楽しめます。

tunokake006.jpg

画像は、
粉引そばチョコ ¥1890 φ9.5H6.5
黒そばチョコ ¥1890 φ9.3H7.2
粉引湯呑み ¥1680 φ7.5H7.2
黒湯呑み ¥1680 φ8.3H6.3
の4種類のカップと、

tunokake012.jpg


粉引取り皿 ¥2100 φ15.3H3.2
黒取り皿 ¥2100 φ16H3
の、2種類の皿を組み合わせるてみたものです。

それぞれに、楽しいでしょう。
そろえる時に、皿もカップも粉引と黒を半分ずつにすることで、
テーブルコーディネイトのときに、
同型同色でそろえることも、
同型でも白と黒と反転してセッティングも出来て、
なんだか、楽しめそうですね。

              甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

順列組み合わせ

はい習いましたね~。
今回は、4種のカップと2種の皿の組み合わせになりますね。
カップと皿の組み合わせは8種類です。
たとえば、その中から二組の組み合わせになると・・・。
8!÷(8-2)!=8×7=56通り・・・かな?
いやー、こんな基本さえ覚えていないものです。
だれか、教えてください。

組み合わせ

学生のときに習った、確率と組み合わせを思いだしたhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/257.gif" alt="" width="14" height="15">四種類と四種類を全部組み合わせると何種類になるのか?更にいろんな料理が盛られるからやっぱり∞http://blog74.fc2.com/image/icon/e/820.gif" alt="" width="14" height="15">想像が膨らむhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/404.gif" alt="" width="14" height="15">

  • 2007/04/22(日) 23:18:13 |
  • URL |
  • はぐみ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/728-5c741fe2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)