FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

雑貨屋ではありません


流行の言葉に寄り添うことや、
ジャンル分けには抵抗したくなるときがあります。
このあたりが、頑固オヤヂたるゆえんなのでしょう。

言葉は進化する物ですから、
案外、若い人が使う新しい言葉には、
抵抗もないのですが・・・。
むしろ、マスメディアの方々のお使いになる言葉や、
後ろに商売が見え隠れするときには、
どうも抵抗してしまいますね。

「癒し」や「こだわりの・・・」あたりには、
本来の意味から違うという気持ちで、
結構抵抗ありましたね。
取材などで、善意から、
「いやされる“うつわ”」とか、
「こだわって運営なさっていらしゃるんですね」などと言われると、
ついつい抵抗してしまう大人げない店主でした。

今は、「雑貨のプロ養成スクール」なるものまである、
雑貨とくくられる範囲に疑問や抵抗があるかな。
雑貨には雑貨のエリアがあると思うんです。
いえ、雑貨が嫌いなのでも、いやでもないんですが、
“うつわ”や食器や工芸が流行というだけで、
雑貨という言葉になびいたり、
くくられたりするのには、うーんちょっと抵抗感が・・・。

ブームの後が怖い。
イナゴが通り過ぎたあとにならないのかなーって。

荻窪銀花には、いきなり「雑貨」が・・・と、
くくられる“うつわ”も作品もあまりないので、
関係はないでしょうけど・・・・、
近い種別の、“うつわ”やカトラリーや布などを、
扱っているわけですから、
世の中をちょっと見渡した時に、
流行というだけで、そう美しくないものや便乗商品が、
世の中に氾濫するのには、
いささか、危惧するところがあります。

弱小企業の店だし、
前近代的な方法で手を抜かない作り手や、
価格の絶対値ではかなわない手仕事の作品ばかりなので・・・、
いまや、工芸屋や、作り手たちは、
国際保護動物並の愛情とご理解が必要なのではないかと、
思うことたびたびです。
工芸に理解ある皆様の、愛の手をさしのべて頂き、
なんとか、消滅しないように・・・絶滅かも?
それでは恐竜かな?
それでも、雑貨屋ではなく“うつわ屋”として、がんばります。

           パンダカンカン ではなく “うつわ屋”閑庵 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/74-450ce7dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)