FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

彩りガラス

初夏の日差しに煌めいて、
眩しいくらいに鮮やかな新緑の中、
中央道を山梨都留の「もえぎ」さんへ、
荻窪「銀花」で昨日まで開催していた野波さんをもって、移動中です。

銀花では5/26(木)からは、
「巳亦敬一 彩りガラス 展」が始まります。
待ちかねてくださっているファンの方も多いと思います。
ぼくもそうなのですが・・・。

mimata442.jpg

ブログでも幾度かお話ししていますが、
巳亦さんの色合いは、いままでガラスに使われてきた色より、
少しくすんだ、あえて言えば、懐かしいような和の彩りです。
透きガラスの間に挟むことで、
周りの光を集め内包して、
仄かに淡く明るさを湛えています。
これは、たぶん手に持たない限りご理解頂けないと思います。
実際に手にとっても、とても魅力的で素敵と感じても、
意識して観察しないと、このデリケートな現象を気づくことはないかもしれません。
でも、結果としての、多くの方だが、
巳亦さんの「彩りあるガラス」の美しさで十分に魅了されるからです。

新緑の爽やかな風に似合うガラスを、
直に手に取りに、是非おでかけください。

巳亦敬一 彩りガラス 展
5月25日(金)~6月5日(火)
5/23水.24木.30水はお休みです
不透明なガラスなのに、手に持つと周りの光を集めて、
柔らかく仄かな光が滲みでます。
煌めくのとも、輝くのとも違う、
淡くしとやかな陰影は巳亦さんの彩りガラスの魅力です。

甘庵
荻窪「銀花」
"  mail "  ginka@kan-an.com
" URL " http://www.kan-an.com/


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

お返事です

はぐみさん
器は美味しそう出なければいけないと思っています。
ガラスなら、キャンディや水飴のようなのは、
ガラスが溶けたまま、そのまま固まったからですね。
巳亦さんのガラスは色合いは、和の色合い。
ぼくにが思い浮かびました。
N.Kojimaさん
手に取ると、とけ込んだ光が仄かに滲みだして、
全く違う表情を見せてくれます。
素敵ですよ。

きれいですね~

  • 2007/05/23(水) 22:43:24 |
  • URL |
  • N.Kojima #n63IQ1vs
  • [ 編集]

アイスキャンディhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/765.gif" alt="" width="14" height="15">のような水飴ような、流れるようなおいしさがあって、暑苦しい夏に涼を感じられますhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/760.gif" alt="" width="14" height="15">http://blog74.fc2.com/image/icon/e/747.gif" alt="" width="14" height="15">http://blog74.fc2.com/image/icon/e/486.gif" alt="" width="14" height="15">http://blog74.fc2.com/image/icon/e/191.gif" alt="" width="14" height="15">

  • 2007/05/23(水) 22:27:27 |
  • URL |
  • はぐみ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/762-e75d1abf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)