FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

微妙な色使い

巳亦さんの不透明なガラスの色はオリジナルで、
自分で調合しているそうですが、
とても不安定はそうで、
刻々と、色状況は変わって行ってしまう色があるようです。

mimata646.jpg

このピッチャーの縁部分の黄色がかったベージュが、
下に行くに従い、淡くなって白っぽくなっていきます。
このグラデーションも、きっと先に書いた、
不安定さから、自然と出来ていると想像しております。

mimata647.jpg

底の側が、吹いた時の竿先で、
多く伸び、空気に触れることなどから、
色が淡く薄まっていったのではないな~と、
素人の推理を楽しみながら、
坩堝の中のサラサラのガラスを、ステンレスのパイプに巻き取り、
息を吹き込んで膨らませて、ぐんぐん伸びて行き、
色パーツを埋め込み、縁にオレンジの色ガラスを巻き、
ハンドルを付け、あっという間に形作っていく素早い技を、
器を手にして想像するのも、
結構楽しい・・・のは、ちょっと危ないかな~。

でも、器のこうした、作り出す勢いや、
素材感からの想像は、手仕事の器を、
盛りつけて使う楽しみとはまた別の、
オーナーならではの、醍醐味かと思っております。

                  甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。


テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

ガラスは

溶けて固まって行くときに形作るのですが、
飴細工と共通するところが多いようですよ。
水飴が堅いときに口の中で暖めて、
柔らかくして、箸二本でぐるぐるしていると、
だんだん白くなったのは、空気の泡が細かく入るから。
同じように、炭酸ガスや空気の気泡を細かく一杯いれて、
白く見せるガラスもありますよ。

ガラスって飴http://blog74.fc2.com/image/icon/e/764.gif" alt="" width="14" height="15">http://blog74.fc2.com/image/icon/e/765.gif" alt="" width="14" height="15">のイメージがする。水飴をちっさい頃ぐるぐるして白くなったとこを食べる。綺麗で甘くて美味しいhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/814.gif" alt="" width="14" height="15">ガラスは食べれないけど綺麗で甘い感じがして美味しいものが盛れるhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/760.gif" alt="" width="14" height="15">http://blog74.fc2.com/image/icon/e/483.gif" alt="" width="14" height="15">http://blog74.fc2.com/image/icon/e/52.gif" alt="" width="14" height="15">http://blog74.fc2.com/image/icon/e/12.gif" alt="" width="14" height="15">

  • 2007/06/04(月) 21:42:39 |
  • URL |
  • はぐみ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/776-f9f95272
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)