FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

同じ形でも編み方違うと・・・。

ほぼ同じ形やボリュームでも、
籠は素材が天然なので、顔つきが少しずつ違いますが、
編み方が変わると、さらに違った個性が引き出されます。

kago718.jpg
人気の薄型で隅が丸く収まった手提げですが、印象違いますよね。

kago719.jpg
左から、畝編み、グニ編み、元禄編み。

kago717.jpg
たっぷりした小判型の手提げもそれぞれの魅力が生まれます。

kago716.jpg
どちらもザルふちで、左は元禄編み、右は二本こだし編み。

長い歴史のなかから、編み手の工夫や努力で、
様々な形や、編み方が生まれ、改良されてきているのでしょう。
毎年、たくさんの籠を見ていても、
毎回新鮮な印象で楽しませてもらっています。
選ぼうと思っている方は、大半の方が、
あれもいいし、こちらもいい・・・けど、
そっちの籠も、でも、これかな!!
と、二巡三巡して悩んでいらしても、
とっても楽しそうにしていらしゃるのは、
橋渡しとしては、嬉しい限りです。

                甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。



テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

おはよう~きなこさん

HNの由来なのかきな粉と黒蜜が、
きっと好きだからこそのレシピではないかと。
また、巳亦さんのデザートカップにぴったり!!
美味しい素敵!!っていう感じですね。ははは。
籠は挽かれちゃうんです。
なかなかおじさんは持てないので、
インテリア方面や台所方面に・・・。
悩んでいながらも、「これはいいですよ」って、
お客様に勧めて、なくなって行きます。
これでいんです、橋渡し人ですから。

今日は見に来てもらって感激でしたぁ♪
ありがとうございます~(^^*)

編み方が違うだけで印象が全く変わりますね~。
私だったら元禄編みかな~、畝編みもいいなぁ^^。お店でイッパイ悩みたいです!!

  • 2007/06/15(金) 20:45:32 |
  • URL |
  • きなこ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/786-4fc002cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)