FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

ちょっとよそ行き

アケビの籠の認識が買い物籠というよりは、
実は本来の姿の、オシャレのアイテムとして使われているのは、
とっても、嬉しいことです。
そんなバッグとしての使いやすさへ、
一歩進めた仕様の手提げをご紹介いたします。

kago721.jpg

薄型の籠の中が麻布仕上げになっています。

kago722.jpg

携帯やパスや小物と入れるポケットも付いています。

籠の使い方は自由です。
ちょっとした工夫で、使うチャンスを広げていただいて、
たくさん使って頂いた方が、
籠もしっとり、生き生きしてきます。

「銀花」で橋渡しした籠は、
長くご愛用いただくことで消耗してくる、
持ち手の部分の摩滅など、出来る限り、
メンテナンスをさせていただいています。
長く使うことで愛着もわいて可愛がっていただいています。

                  甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

涼感

蒸し暑い日本の夏を乗り切るのに、
空調がなかったから、
涼感というイメージを暮らしの中にとりいれたり、
楽しんだりしていましたね。
風鈴、すだれ、藍色などの寒色など。
籠もその一つですね。
もっていたり、膝の上に乗せておいても、
暑くないから、打ち水みたいに少しは効果があるかな。

夏というかあっつくhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/269.gif" alt="" width="14" height="15">なるいま頃の季節から、籠バックを持って歩いてるhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/814.gif" alt="" width="14" height="15">よそ行きというより普段使いだね。こんなじめっとした梅雨の季節もさっぱり感が味わえますhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/44.gif" alt="" width="14" height="15">http://blog74.fc2.com/image/icon/e/786.gif" alt="" width="14" height="15">

  • 2007/06/16(土) 21:57:04 |
  • URL |
  • はぐみ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/788-bb0902de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)