FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

鉄絵の魅力

磁器に絵を描く方法を大別すれば、
上絵と下絵があります。
上絵は、本焼きの後に高い温度ごとに絵付けをしていく、
手間がかかりますが、多彩多色で魅力にあふれています。

yamaguchi843.jpg

釉薬の下に絵をかく下絵で代表的なのは、
表現力の豊かな呉須の染め付けですね。
少し色気を出すのに、釉裏紅などと呼ばれる、
下絵絵の具に酸化銅を使って、綺麗な赤を出す方法もあります。

yamaguchi844.jpg

山口さんも個性に溢れた染め付けの器や、
アクセントに釉裏紅を施されますが、
今日は、あまり描く方が少ない、鉄絵のご紹介をいたします。

yamaguchi845.jpg

呉須のように、筆の走りもよくないために、
細やかな表現がしにくく、にじみや、ボケる鉄絵ですが、
染め付けとは違った、長閑でほのぼのした魅力があります。

yamaguchi846.jpg

クールなイメージの強い磁器ですが、
鉄を施すことで、柔らかな、暖かみのある表情を醸し出します。
鉄が多めに溜まったところは、濃い茶や黒になり、
時に金属的な結晶が見えたり、
薄目のところは、赤茶であったり、黄色になったりして、
ディテールは窯変を楽しめます。

yamaguchi847.jpg

まますると、泥臭くなりがちな鉄絵でもありますが、
若い山口さんらしく、若々しさに満ちていて、
どこかほっとする、鉄絵の器です。

                  甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/802-d78ece5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)