FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

涼感溢れるガラス

荒川尚也さんの宙吹きガラス展が始まりました~!!
今日の荻窪は、暑い!!
日差しが強くなってきて、夏です。
こうなると、ますます荒川さんの涼感溢れるガラスを、
使いたくなります。

澄んだ素地、煌めく泡は、
迸る冷たい水や、渓流の流れを連想させて、  
とても、目に涼しいガラスです。

そして、ガラス自体が潤いを与えてくれて、
料理も、飲み物も、美味しそうです。

arakawa877.jpg

手頃な片口に冷酒を入れてそのまま冷蔵庫で冷やしておいて、
手酌でいただくのは・・・・ごっくん。

arakawa879.jpg

大きな氷を一ついれ、琥珀のスコッチをそそげば、
芳醇な香り立つグラスに、心も解けていきます。

arakawa881.jpg
口溶けのいいシャーベット、ムース、ババロア、ゼリー・・・。
一口のデザートを盛りつけても良い盃。

どの器にも、使う楽しみが、
必ず付いてくること、甘庵が請け合います。

               甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

お返事です

N.kojima
私たちの先人たちは、クーラーのない暮らしだったから、
気合いや、想像力を最大限に使っていたんですよね。
白銀も、涼しいイメージありますが・・・。
汗のかいた銀器で頂く、冷たい酒や料理も、
「どうだ~冷えてるぞ~」って感じで、
いいですよね。
金属は、槌目や、焼きや古色で色々な表現出来るのも、
これまた、素晴らし技ですよね。

Kさん
二度手間させてごめんなさい。
でも、このお話はとっても素敵。
こんな風に、器を愛でる心と、言葉遊びや、
風情有る使い方は、和の心意気そのものです。
若~い、青少年諸氏にも是非伝えて行かないとなりませんね。

「牽牛」

おはようございます。先日頂いた朝顔鉢は、普段はそうめん鉢に、お茶のときには水指にして使ってみようと思います。ちなみに「牽牛」という銘を付けてみました。朝顔は別名「牽牛花」と呼ばれているそうです。七夕の夜は曇っていて星も見えませんでしたが、荒川さんの鉢の中にミルキーウェイが見えるような気がします。

  • 2007/07/08(日) 11:33:49 |
  • URL |
  • K #-
  • [ 編集]

本当ですね~
器で気分もかわりますよね~

  • 2007/07/07(土) 09:51:56 |
  • URL |
  • N.kojima #n63IQ1vs
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/809-414e7406
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad