FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

酒のグラス

荒川尚也さん器作りには、食べることが好きなことと、
大変料理のお上手な奥様であることが、
器作りに大いに反映されていますが、
グラスに関しては、自力だと認めたいほどに、
お酒もお好きです。

男の視点からの酒の器が多く、
男性の顧客も多かったのですが、
女性が増えたのか、男性が好きなく感じる近年です。
消費世界はどこも同じかと思いますが、
暮らしのお財布は女性が握っているからか、
このところの男性には器を見る眼が薄れたのかな?
やはりお財布のせいかな?
arakawa997.jpg


古くからのロックタンブラーも少しスマートになり、
繊細なフォルムにマイナーチェンジしてきたのも、
選んでくださる女性の手でも握り安くという配慮や、
お好みに合わせてかもしれません。

arakawa995.jpg

同様に長く作っている馬上盃も、
リキュールや、デザートカップに使いたい魅力があるための、
人気が絶えません。

古くからの酒のグラスは、
男性である荒川さん自身の視点で作り出したのですが、
器の魅力と、お客様のニーズに合わせていきながら、
現代の暮らしのなかで、使いやすく、息の長い人気のある器に、
進化してきています。
そのあたりが、荒川さんの器の人気の秘密であり、
魅力ある使う器作る底力なのでしょう。

                 甘庵



皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。


テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

はなさんへのお返事の

前に、はなさんご来店!!
ありがとうございました。
おかまいも出来ず、ごめんなさい。
でも、とても良いセレクトで出会いがあったようで、
きっと、ブログにお目見えしてくれるだろうって、
今から期待しています。

こんにちは~!九州から台風を連れて上京してまいりました(^o^; 本日、夕方にお伺いさせていただきます。どうか、どうか…素敵なガラスの器に出会えますように(^-^) 営業時間、6時までですよね?

  • 2007/07/16(月) 12:01:30 |
  • URL |
  • 虹色日記のはな@携帯 #Y1rpc.hs
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/818-502b7b11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)