FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

さら、サラ、皿

荒川尚也さんの器は、宙吹きガラスと表現しているように、
ゲージなど以外は原則として、型に吹き込むことなく、
作り出しています。

初めはゴム風船を膨らますように、
球体がスタートです。
常に回して作りますが、
コップなどは、底の部分をしっかり作ってから、
底に部分にポンテという道具をつけて、
吹き口を切り離して、その切り口を回しながら広げていき、
形を整えます。

皿は、この作業をもっともっと広げていき、
やきもののロクロで広げて作るのと、
縦のロクロが、横になるだけで、基本は同じです。

arakawa998.jpg

やきものでも、魅力的な皿はなかなか難しものですが、
ガラスは、サラに・・・いえしゃれはなく、
さらに難易度が高いと思います。

arakawa999.jpg

泡皿のシリーズを含めて、荒川さんは個性を失うことなく、
皿を作り上げてくれます。
たっぷりの質感と、流れる動きの泡、使い頃の大きさと重さ。
ファンにとっては嬉しい器の一つです。

                甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

びゅーんって

口を開き、縁をそり返していき、
平らな皿にまでするのは、まさに技の見せ所ですね。
そこに、銀河のようなアワや、
点々と軌跡のアワを封じ込めたり、
凄いですよね~。

不思議

すげーhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/451.gif" alt="" width="14" height="15">コップなら良くテレビで見ててなんとなくわかるけど、皿も吹いて造るのですねhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/350.gif" alt="" width="14" height="15">かんどーhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/349.gif" alt="" width="14" height="15">

  • 2007/07/16(月) 21:31:24 |
  • URL |
  • はぐみ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/819-53b2751b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)