FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

あいの力

といっても、愛の力ではなく、藍の力のお話し。
薬としての効能や、まむし虫除けとも言われますが、
まむしに会うことも少なく、虫除けはより確かな効力のある物もあり、
その力は、絶大とは言い難く、むしろ元の意味合いで、
「どんだけ~」といわれてしまいそう。

mori005.jpg

それよりも、ぼくのとらえ方では、
いささか観念的ではありますが、
蓼藍から作った「すくも」を灰汁で発酵させて、
手を抜かずに、こつこつと染めた藍の色には、
合成藍や合わせて、藍色に染めた色にはない、
心を解き、心和ませる力が、少なからずあると思っています。
感覚的には、暮らしの中の観葉植物的かな・・・。

mori008.jpg

染料としては優秀とは言い難いかもしれませんね。
手がかかり、染めむらもあり、染まりにくく、
木綿や麻などの、植物繊維には良いですが、
強アルカリ性の液になっている藍瓶の中へは、
絹やウールは通常の方法ではいれられません。

mori017.jpg

さてさて、そんな藍を、実は多くの方が、
見ているようで、見ていないというのも、一つの事実です。
「すくも」がまず少ないこと、
灰汁で発酵させる方も少ないこと、
なので、藍色はしているけど・・・・そういう意味では、
藍染めではない藍染めがほとんどだからです。
使いやすく安定していて、価格も求めやすいためなので、
理解できる結果でもあります。
善し悪しではなく、昔ながらの藍の色を、
一度見て頂けたら嬉しい限りです。

                甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/823-bdd5e028
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)