FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

涼感体験

今朝は風向きが良いのか、銀花の中を風が抜けていきます。
ロートルなFanの風もあり、
つり下げて展示してある森くみ子さんの、
暖簾やタペストリーの藍絞りの布が、
緩やかに揺らいでいます。
時折風をはらみ、平面の布が立体の姿を見せます。

mori016.jpg

そんな動きが、風の流れを感じさせ、
不快指数満開の荻窪村でも、
店が始まる前の、数時間はエアコンをかけずに過ごせます。

浴衣など涼感を求めるとき、藍色をイメージされる方が多いとおもいます。
それは、無意識にも波長の短い涼しい色として、
伝統的に認知されていて選択しているからですね。
反対の長い波長の赤は、暖かみを感じ、目に見えなくなるほど波長が長いのが、
暖房などにも使われていて、近年耳にすることの多い遠赤外線です。

mori012.jpg

四季があるからこそ、色や質感や文様などを四季に割り振り、
暑いときには少しでも涼さを覚えるように、
寒いときはなるべく暖かみを感じて欲しいと、
約束やしきたりを生み出していった背景には、
暮らしの中の知恵が基盤になっていることが多いとおもいます。

mori013.jpg

森さんの藍染めも、暮らし中で使われ、水をくぐり、
澄んで来る藍を目指して作って来てくれました。
たくさんの努力や工夫で維持運営してきたものの、
様々な理由で維持運営のために、
仕事をしぼり込む必要になりました。
大変残念ながら、暖簾も省かることになった作品です。

会期中お出かけ頂ける機会のあるお客様は、
ぜひ、藍絞り暖簾で涼感体験してもらいたいと思っております。

                    甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

浴衣は

入りやすい着物で、とっても魅力的なのは、
奥がなかなか深いってことですよね~。

浴衣

あいhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/803.gif" alt="" width="14" height="15">いっぱいで浴衣をつくったら素敵http://blog74.fc2.com/image/icon/e/349.gif" alt="" width="14" height="15">お盆にいいかも~http://blog74.fc2.com/image/icon/e/350.gif" alt="" width="14" height="15">盆踊り、浴衣、テキ屋で心踊るねhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/714.gif" alt="" width="14" height="15">

  • 2007/07/21(土) 18:43:46 |
  • URL |
  • はぐみ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/824-ae708910
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)