FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

夏日に映える藍色

やっと荻窪に日差しが戻ってきました。
今日は朝から夏の太陽が照っています。
久々のお日様が嬉しくて、暑いけど蒸さないので、
ドア窓全開で、扇風機を回して、
夏の気配を感じとっています。

mori021.jpg

森さんの藍染めが飾ってある銀花は、
こういう季節感でないと~。
じめじめムシムシはイケマセン。

mori057.jpg

このからっとした暑さにすっきりした藍の色が、
映えること!! 涼しげで良い感じ!!
暑い夏という予報は一変して、冷夏かもしれないと・・・。
イケマセンね。
暑いとき暑いのが日本の四季です。
おかげで、お米も実るし、秋の果物の美味しいわけで・・・。
暑い夏は辛いけど、やはり暑くないといけないのですね。
四季がおかしくなるって言うのは、
たくさんの問題を抱えていますね。

mori058.jpg

麻の藍布のさらりとした感触を楽しめ、
柔らかくしっとりした綿の藍布の肌触りを味わえるのも、
夏が一番、忘れずにいたいものです。

                   甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

藍から

生まれる色は、淡い色合いから深い色まで、
どの色にも、引き込まれる美しさがあります。
伝統の中で生まれた言葉も色々ありますね。
かめのぞき・あさぎ・おなんど・こん・はなだ
などと、藍瓶から生まれた色がイメージできますね。

藍色

青でも紺でも水色でもない、藍色は藍色の表現がぴったしカンカンhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/756.gif" alt="" width="14" height="15">

  • 2007/07/24(火) 22:55:53 |
  • URL |
  • はぐみ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/827-06d106f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)