FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

大麻・苧麻・亜麻・・・・

麻って書いてあっても、
木綿や絹のように、木綿だったら綿花の綿状の物を、
絹だったら、蚕さん繭を紡ぐっていうその姿が浮かびますが、
麻だと・・・・さて?って、思いませんか。

先日、M県のTさんと電話で話していて、
「苧麻ってなんですか・・・?麻とはちがうんですか?」
という話になりました。
実は、これがわからなくて、
15年以上も前に、図書館で調べた覚えがありました。
その時の知識から、簡単にお話はしたのですが、
老齢かしていく脳細胞が心配で、
調べ直そうって・・・。
今は簡単です。
そう、PCで検索すればいいんです。

洋服などの表示で「麻」というときは、
家庭用品表示法では、
繊維: 麻(亜麻及び苧麻に限る。) が  指定用語:麻
で表示されるようです。

mori025.jpg
綿・麻 着尺

でもこれだと、大麻が抜けてますね。
きっと、いろいろヤバイ物ができる植物で、
栽培に規制があるからでしょう。

それでも、伝統工芸のなかなら、
もっと麻と大きくまとめられていまっている、
他の植物があったはずです。

mori023.jpg
綿・亜麻 着尺

麻と大まかなくくりの中だと、
大麻、苧麻、亜麻、ジュート麻、マニラ麻、サイザル麻や、
最近エコな印象のあるケナフなどがそれに当たるそうです。

mori034.jpg
苧麻 名古屋帯地

色々なサイトでわかりやすく説明されていますが、
興味のある方の参考になるかもしれないので、
ぼくがわかりやすかった2つのサイトをお知らせしておきましょう。
 
日本麻協会 麻と植物 http://www.hemp-revo.net/jha/plans/plans.htm

ボーケン 繊維の基礎知識 http://www.boken.or.jp/lib_fiberknowledge_linen.html

麻は木綿より古くから、身近だった繊維で、
藍との出会いも古かったはずです。
独特のシャリ感や、光沢や質感は、
ぼくには、とても惹かれる繊維です。

               甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/830-26f28f6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)