FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

真鍮の匙

匙箸展は、ほとんどが木に漆を塗ったものですが、
少しだけ、やきものの匙もありました。
今回、久々に、鍛金(打ち出しして作り出す)の仕事のスプーンが、
(今日)並びました。

金属のスプーンは、身の回りに溢れていますが、
堀内さんが作ってくれた、真鍮(しんちゅう)の匙は、
手仕事の手あとを、良い感じで残してくれている、
長閑で暖かみのある表情のスプーンでず。

sajihashi277.jpg

柄の部分の槌目から、トンテンカンと、
打ち出す音色がリズミカルに聞こえて来そうです。

手に取った時の、不思議と幸せになる重さ。
sajihashi278.jpg


真鍮なので、錆ついてしまうというような、極端な変化はありませんが、
使うことで、少しずつ落ち着いて渋い色合いになっていきます。
ちょっと、陶器の変化に似ていましね。
手慣れて味わい深い色合いに変わっていきます。

                 甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

金属の匙は

ガラス器や、品のある磁器との相性が良いと思っています。
この真鍮のスプーンは確かに、かき氷やアイスにぴったりかも。

かき氷http://blog74.fc2.com/image/icon/e/483.gif" alt="" width="14" height="15">アイスhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/760.gif" alt="" width="14" height="15">を食べたらスプーンがひえひえになって結露ができて、なお涼感http://blog74.fc2.com/image/icon/e/486.gif" alt="" width="14" height="15">おでこがキーンするhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/350.gif" alt="" width="14" height="15">

  • 2007/08/11(土) 18:26:40 |
  • URL |
  • はぐみ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/844-805fd2b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)